個人事業主に聞いた!節税と経費について!!
 
TOP

個人事業主のメリット

個人事業主のデメリット

個人事業主が経費で処理できるもの

個人事業主のための節税方法

個人事業主のための節税方法

お一人で何かしら事業を行うというときに、
あるいは事業というほどの規模ではないが、
自分の特技や経験などを活かして何がしか収入があるとき、
サラリーマンを卒業したような人は、その収入を確定申告する
というようなことだけをしがちですが、それでは何ら節税にはなりません。
むしろ必要以上の税金を納めなければならなくなります。

そうしたケースでは、まずは個人事業主としての登録をすることです。
税務署に出向けば懇切丁寧に教えてもらえます。
そして、青色申告をすることです。

帳簿をきちんと整理しておくことが条件ですが、
この手続きをするだけで、年間65万円が税の対象外になります。
もちろん、収入を得るために使ったお金、たとえば交通費や資料代、
交際費なども経費として認められます。

奥さまと二人で仕事をしているのであれば、
奥様を専従者として専従者給与を支払えば、
その給与も経費として税の対象から外れます。
もちろん、そうすると奥さまを控除対象配偶者としては扱えなくなりますが、
その金額は35万円ですから、それ以上の給与を支払えば、
ご家庭全体としては35万円と差額が税の対象外というメリットになるわけです。

その他には、小規模企業共済に加入し、保険料を払って節税し、
その給付にあずかることもできますし、もっと規模が大きくなった場合は、
本格的に法人化するという道もあります。


© 2016 個人事業主に聞いた!節税と経費について!!