個人事業主に聞いた!節税と経費について!!
 
TOP

個人事業主のメリット

個人事業主のデメリット

個人事業主が経費で処理できるもの

個人事業主のための節税方法

個人事業主が経費で処理できるもの

企業や個人事業主は事業で使用した費用を経費として申告できます。
経費として認められるとその部分に関しては税金が免除
または軽減されることになるため、キャッシュフローに大きな影響を及ぼします。

特に個人事業主の場合には日常で使用するお金が比較的多いため、
経費で処理できることにより大幅な費用の軽減になります。
その為、経費に出来るものをしっかりと把握し
適正な処理をすることが大切になります。

経費とは基本的に事業に結びつくものすべてです。
事業を行うためのオフィスの家賃、光熱費、
また仕事の移動に於ける旅費交通費、
若しくは商談に於ける接待交際費も経費で処理することができます。
但し、これらを経費で処理するためには明確な根拠が必要です。

さらに個人事業主の場合FXのような投資も確定申告ができます。
例えばFX初心者が、主婦がFXを少額で始めるならで勉強してFXを始めたら、
その収入の一定が経費と認められるそうです。

良くあるのが、経費で認められるからと処理を曖昧にしたり、
きちんとした領収書を用意しておかないと申告が認められないことになり、
追徴される危険が有るので注意が必要です。
更にこれらの領収書やレシートは7年間の保存義務があり、
税務署から提示の要求があった場合には速やかに提示しなければなりません。

さまざまな費用を経費で処理することは個人事業主にとって
非常に便利な制度でありますが、同時に管理をしっかり行わなければならない
という点を注意しなければなりません。


© 2016 個人事業主に聞いた!節税と経費について!!