個人事業主に聞いた!節税と経費について!!
 
TOP

個人事業主のメリット

個人事業主のデメリット

個人事業主が経費で処理できるもの

個人事業主のための節税方法

個人事業主のデメリット

個人事業主とは株式会社を設立せずに
自分で事業をしている個人のことをいい、自営業者とも言われます。
事業主だけで行なっていたり家族で行なっている場合や
少数の従業員を雇っている小規模経営が一般的になります。

しかし個人事業主として働くことには収入が不安定であることや
国民年金であること、また雇用保険にも入れないというデメリットがあります。
収入が不安定であることは、会社勤めなどのように雇われているわけではないので
毎月一定の給料が入ってくるわけではなく、
収入は個人の努力や売込みなどにより変化するため
収入が無いということもあります。

ですので少しでもお金を増やそうとしてFX投資をやっている人もいます。
ですが業者が思っている以上にたくさんあり
どこで口座開けばいいかわからない人もいます。
そんな時、どこがいいか決めかねるFX会社選び
調べてみるといいかもしれません。

さて、年金に関しては会社勤めであれば会社がある程度は
負担してくれる厚生年金に加入することになり
支払いなども会社が行なってくれますが、
個人事業主の場合は国民年金になるため
全額負担であり自分で支払いなどをする必要があります。

雇用保険は会社などに勤めている場合は
加入しているので失業したときにもある程度の収入を得ることができますが、
個人事業主は雇用保険には加入していないので事業を廃止した場合は
収入を得ることができません。

また個人事業主でも従業員を雇った場合は、
従業員の労働時間が規定の時間や日数を超える場合は
雇用保険に加入する必要があります。


© 2016 個人事業主に聞いた!節税と経費について!!